下手な歯磨きの悩みを解消!100%上手になれる歯ブラシ

毎日ちゃんと歯磨きをしているのに、虫歯になって困る。ちゃんと磨いているつもりなのに、歯磨きが苦手・・歯磨きは個人的な長年の癖が強く出てしまい、磨いているつもりでもしっかりと磨けていないことが多いもの。小さな子供から年輩の方まで、実は世の中には誰もが100%あっという間に、歯磨きが上手になれる歯ブラシがあるのです。

歯磨きが上手くできない理由1.歯ブラシの角度

歯ブラシを歯に当てる角度、いつも気にして歯磨きしていますか?なかなか難しいですよね。鏡を見ながら、毎日正確に歯ブラシをする人なんて、ほとんどいないと思います。

理想を言えば、ちゃんとどこを今磨いていて、歯ブラシの毛先がどこに当たっていて、汚れがしっかりと落ちているのか確認しながら歯磨きをするのがいいのですが、なかなかそのようなことができないのが現実です。

歯ブラシの角度、実はこれってとっても大切なのです。たとえば、歯周病。歯周病は、歯周ポケットとよばれる歯と歯ぐきの隙間に細菌が増えて悪化するものですが、この歯周ポケットの部分に歯ブラシの毛先を入れて掃除するために45°の角度で歯ブラシを当てると良いとされています。歯周病の悩みを解消!2つの効果的な歯磨き方法

m01-1-8

歯周病を意識しなければ、歯ブラシを歯面に90°にあてる歯磨き方法もあります。いずれにしても、歯ブラシがどのような角度で当たっているかなんて気にしない人がほとんどだと思います。とくに歯ブラシを奥に入れて奥歯を磨くときなど、そもそも奥にしっかりと届いているのかわからない状態で歯磨きしていることだって、あると思うのです。歯ブラシを当てる角度を意識するのは、本当に難しいものです。

歯磨きが上手くできない理由2.汚れを意識できない

歯磨きのとき、歯のどの部分を磨いていますか?歯のどの部分の汚れを取り除いていますか?汚れを意識してその部分を取り除かなければ、意味がありません。歯磨き粉をたっぷりつけて、なんとなく歯磨きしたつもりになってすっきりした!で終わり。そんな「つもり歯磨き」を続けている人が、とっても多いのですね。毎日食後にちゃんと歯磨きをしているのに・・・きまって、そんなことを言ってしまうのです。歯の汚れ、歯垢(プラーク)は、歯と歯の間や歯と歯茎の境につきやすいのです。短い動画なので、次の動画でプラークがどのように付着しているのか、実際に見て確認してみましょう。

歯磨きが上手くできない理由3.歯の形が複雑すぎる

歯がそれぞれ、どのような形をしているのか知っていますか?前歯、奥歯、それぞれ形が違いますよね。さらに、治療をした金属のかぶさっている歯、部分的にプラスチックが詰められている歯、ブリッジとよばれる真ん中がダミーになっていてつながっている歯・・自分の天然歯だけでなく、人工物はさらに汚れがつきやすく、形も複雑です。歯並びの問題で、歯が前後していて盲点になってしまう部分もあります。これだけ複雑な口の中を、細かく丁寧にしっかりと歯磨きするのは、とても難しいのです。歯ブラシが大きい方が効率的に磨けるのは確実なのですが、このように複雑な形をしている以上、ひとつひとつの歯を本来は丁寧に意識しながら磨くことが必要になってきます。歯科医院が小さめの歯ブラシを勧めるのは、このような理由があるからなのです。

しかし、無意識に小さな歯ブラシで磨いても、効率が悪くなりさらに磨きの残しが多くなってしまう可能性は、否定できません。時間をかけて一本一本の歯の形と汚れの部分を意識しながら丁寧に・・これができれば、言うことはありません。

誰もが簡単に、効率的に、しっかりと歯磨きできる歯ブラシ

歯ブラシなんて、どれもほとんど同じ形をしているのが常識でしょ?いえいえ、そんなことはありません。実は探してみると、世の中にはこんな面白い形のものがあるのです。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、歯ブラシの形をよく見てみてください。歯ブラシの角度、歯ブラシの毛先の長さ、歯ブラシの大きさ、どれも歯磨きが上手くできない理由を解決してくれるものです。歯の表と裏側を同時にしっかりと磨けて、さらに歯を一本一本大切に磨くことができます。少し角度を変えれば、歯のかみ合わせの部分もOK。米国ペンシルバニア大学の教授のお墨付き「未来型歯ブラシ歯美ing」(花王の洗剤ではありませんが・・)ハミングという歯ブラシです。

アマゾンで販売中!歯ブラシ「歯美ing」

一般の歯ブラシと比較してかなりいいお値段になっていますが、歯磨きが上手にできずに虫歯や歯周病で長年悩んでいる方には、これ以上歯科医院の治療で費用をかけるよりも断然効果的です。人間は、未知のものをなかなか受け入れにくい傾向にあるのですが、未来型といわれるこの歯ブラシ。今はとっても不思議な形に思えますが、未来には、この形の歯ブラシが世界標準になるかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*