糖尿病からくる歯周病を「歯磨き」で解決させる

歯周病と糖尿病には関連があります。歯周病菌で糖尿病が悪化、また逆に糖尿病の合併症として歯周病が存在しています。歯医者に行って歯磨き指導を受けるだけで、症状の緩和や解決ができるものなのでしょうか?それとも、もっと根本的な解決方法があるのでしょうか?

歯周病菌で糖尿病が悪化・・日本歯科大臨床教授

YOMIURI ONLINE 2015年6月4日より

倉治ななえ・日本歯科大病院臨床教授が4日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、歯周病の原因となる菌は、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の働きを弱めて糖尿病を悪化させるほか、心筋梗塞や脳梗塞など様々な病気の原因になると説明した。

歯周病の予防には、口の中のケアが大事とし、「『フッ素入り歯磨き剤』を使う」、「歯ブラシはぬらさない」など正しい歯磨きの仕方を紹介した。歯科医を選ぶコツについては、歯磨き指導に力を入れていることや複数の治療方針を示してくれることを挙げた。

歯周病菌で糖尿病が悪化するのなら、「歯磨き」に力を入れて口の中を清潔に保つ努力が必要、ということなのでしょうか?歯病菌は、糖尿病をはじめとして、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になる・・もちろん、「歯磨き」で菌を減らすことは理論的ではありますが、歯周病菌に全身が侵されてしまうような状態になってしまっている、免疫力の低下など根本的な原因除去が、本来は優先されるべき問題だと思うのです。フッ素入りの歯磨き剤を使えばいい、というのも疑問です。

糖尿病になると歯周病になりやすい?

重篤なⅠ型糖尿病の歯周病患者では、歯周病の基本的な治療後に再発が生じやすいというフィンランドの大学病院での調査結果があります。基本的な治療とは、プラークコントロール、スケーリング、ルートプレーニング、咬合調整、抜歯などのことです。

プラークコントロール・・歯に付着したプラーク(歯垢)の量を「歯磨き」やデンタルフロス、歯間ブラシをつかって減らすこと。

スケーリング・・歯科医院での歯石除去。スケーラーという器具を使ってプラーク、歯石などを機械的に除去すること。 

ルートプレーニング・・歯周病は歯周ポケットが深く、スケーリングだけでは取りきれないような深い部分は麻酔を使用してから歯石を取り除きます。このような場合、歯の根っこの部分は内毒素(LPS)で汚染されているといわれています。歯石と同時に汚染されている歯のセメント質、象牙質を除去し歯根面をツルツルにすることで、再び歯石が付着することを阻止します。

日本の調査では、若年者のⅠ型糖尿病患者ではおよそ10%以上が歯周炎に罹患しているのに対して、健康な同世代では1%程度にすぎないという報告があります。また米国の研究では、Ⅱ型糖尿病患者は、歯周病の発症率が2.6倍高いことが示されています。

このように世界的な研究によって、歯周病と糖尿病には関係があることがわかっています。

 糖尿病は、歯周病を悪化させる?

Ⅰ型糖尿病患者は、そうではない歯周病患者との5年後の比較において、さらに歯周ポケットが深くなる傾向にあることが知られています。また、Ⅱ型糖尿病患者は、同様に2年後の比較において、歯槽骨(歯を支えている骨)の吸収が大きいことが明らかになっています。糖尿病患者でも血糖コントロールが良好な場合は、歯周ポケットの深さや骨の吸収のリスクについて、糖尿病ではない歯周病患者との大きな差はみられないといわれています。

糖尿病は歯周病の進行と関係しており、歯周病を悪化させると考えられます。

歯周病の治療で糖尿病は改善する?

世界的にみて、歯周病の治療によって糖尿病の状態が改善される、という報告があるのに対し、否定的な意見や結論もあります。

ブラジルの大学病院での研究による結論・・歯周治療によってⅡ型糖尿病患者の血糖コントロールが改善されたが、有意差はなかった。対象患者30名。

トルコの大学病院・・非観血的*歯周治療は、Ⅱ型糖尿病患者の血糖状態改善に関連する。対象患者44名。

アメリカの病院・・歯周治療による有意な効果はないが、部分的には効果がある。対象患者165名。

抗菌薬は有効? 

糖尿病患者は歯周病を発症しやすく、感染しやすいことが知られていますが、歯周病の基本的な治療では菌血症**が一過性に生じることから、その予防と治療に抗菌薬は有効では?との声があります。

しかし文献によれば、抗菌薬による抗菌療法(全身投与)の効果がない場合がほとんどで、また歯周ポケットなどへの局所投与においても改善率が大きくないと報告されています。

歯周病の治療で起きる「菌血症」とは?

非観血的*、菌血症**とは、どのような意味なのでしょうか?実は、上記で紹介した歯周病の基本的な治療(スケーリング、ルートプレーニングなど)によって、菌血症とよばれる、血流に細菌が存在する状態が起こります。

通常の生活の中で菌血症になった場合には、細菌が少量で血液中から即座に除去されるため感染症を引き起こすことはありませんが、特に免疫力が低下している場合には、細菌が長期にわたり数も多くなる場合があることが知られています。

歯周病の治療では、歯石取りひとつとっても組織に外傷を与えて出血することが多いのです。歯周ポケットの深さを測定するために細い器具を入れる際にも、出血することがあります。また、日常の歯磨きでも出血をすればそこから血流に細菌が入り、全身を巡ります。

メルクマニュアル医学百科・菌血症より抜粋

免疫系によって除去されなかった細菌は全身のさまざまな部位に蓄積し、そこで感染症を生じます。具体的な部位は次の通りです。

  • 脳を覆う組織(髄膜炎)
  • 心臓を包む膜(心膜炎)
  • 心臓弁と心臓壁の内側を覆う細胞(感染性心内膜炎)
  • 骨(骨髄炎)
  • 関節(感染性関節炎)

菌血症では、異常のある心臓弁などの組織や、静脈内カテーテル、人工関節、人工心臓弁など体内にある人工物に細菌が滞留し、集積する傾向があります。このような細菌の集積物(コロニー)はそれぞれの部位に接着し、連続的あるいは周期的に血流へ細菌を放出します。

健康的な人ではこの一時的な短時間の菌血症はほとんど問題はないのですが、免疫機能が低下し、傷が治りにくく、出血が止まりにくい糖尿病患者には、病状の悪化やさらなる合併症の可能性が懸念されています。

健常な人と同様に、歯周病の基本的な治療によって一過性の菌血症は生じるものの、その程度や有害性についての証拠はありません。血糖コントロールが良くない糖尿病患者については医師の判断が必要とされていますが、歯周病菌を減らして歯ぐきの炎症を抑えることは、菌血症のリスクよりもおおきなメリットが得られるとして、歯周病の基本的な治療は推奨されると結論づけられています。

参考文献:糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン 日本歯周病学会

糖尿病改善に歯磨きは有効か? 

文献を読む限り、世界的にまだよくわかっていないことが多いという結論です。もちろん、口の中を清潔に保つことは原因菌を減らして歯ぐきの炎症を抑えることにつながりますが、根本的な解決方法ではない、ということがいえるのではないのでしょうか。

糖尿病は発症要因から大きく1型、2型に分けられ、日本人では糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病と言われています。ストレス、肥満、運動不足、暴飲暴食などのライフスタイルの乱れがおもな原因で、生活習慣病のひとつだといわれています。1型糖尿病はインスリンをつくる膵臓のβ細胞がウィルス感染により破壊されて突然発症するともいわれていますが、これらの原因と予防は実はまだ確立されていません。

また、世界的には「放射能と糖尿病」の関連も指摘されています。ストロンチウム90からできるイットリウム90が膵臓にいくと、インスリンがうまく生産されずに血糖値が上がるといわれています。みんな楽しくHappyがいい 糖尿病と被曝の関係

病気はどんな場合でも、根本的な原因の追究と解決が望ましいのです。歯医者には歯医者の見解があり、医師にも医師の見解があります。しかし、自分のからだは自分が一番良く知っているはずです。何かがおかしい、と感じたら、自分で調べて納得し、実践することが健康への近道だと思われます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*