キシリトールに科学的根拠なし?虫歯予防の常識・非常識

キシリトールは虫歯予防に効果があることは、今や常識です。キシリトール入りのガム、歯磨き粉など世の中のオーラルケア商品の多くには、キシリトールが含まれています。しかし、キシリトールの虫歯予防に根拠なしとして、イギリスの大学が研究結果を発表したとのこと。本当にキシリトールは虫歯予防に有効なのでしょうか?

虫歯予防にキシリトールは意味がない?

サイエンスあれこれ キシリトールの虫歯予防効果に根拠なし より

【キシリトールの虫歯予防効果に根拠なし】3月26日・英マンチェスター大:5903人が参加した10の研究事例をメタ解析した結果、キシリトールに虫歯予防の効果があるとする信頼性の高い根拠は存在しないということがコクランレビューに報告された。4216人の生徒を使って行われたコスタリカの研究事例でも、フッ素だけを含んだ歯磨きペーストを使った場合と比べて、フッ素とキシリトールの両方を含んだ歯磨きペーストを使うと虫歯が13%少なくなったという結論に信頼できる根拠はないとしている。歯磨きペースト以外にも、シロップ、のど飴、錠剤などのキシリトール含有製品も同様だった。特に多くの宣伝で認知されているキシリトールガムにも虫歯予防の効果を証明する根拠が全くないことは驚きだとしている。今回のレポートでは、腹部の膨満感、下痢、緩下作用(お腹がゆるくなること)などキシリトールの副作用については報告されていないが将来的には報告していきたいとのこと。

原文はこちら、2015年3月26日に掲載されたマンチェスター大学のニュース。Effect of natural sweetener Xylitol in preventing tooth decay still unproven

ここで疑問なのは、どのようなキシリトール入りの製品を使ったのか、という点にあります。キシリトール入りの製品は世界中にたくさん存在していますが、キシリトールの濃度がどの程度のものを研究材料として使ったのか、その点についての明記がありません。キシリトールに虫歯予防効果があると仮定した場合、濃度が低い製品を使えば予防効果は十分に得られない可能性があります。

キシリトールの濃度が高くても、砂糖が入っている商品もあります。キシリトールの濃度が高ければ良い、というものではありません。また、摂取回数や口の中での滞在時間(ガムならば、どれくらいの時間噛み続けたのか、など)、詳細にわたって比較実験が必要だと思われます。

虫歯予防に効果的な3つの要因

虫歯予防には、3つの効果的な要素が考えられます。

1.宿主要因

宿主とは、私たちのこと。虫歯になりにくい全身的な要因、歯の質など、歯の強化によって虫歯予防が可能になります。ミネラルバランスのとれた食事でからだの中から骨や歯を強くすることは、大変有効な予防です。

2.細菌要因

口の中の虫歯の原因菌を増加させないように、細菌の活性を阻害すれば、虫歯を予防することができます。

3.基質要因

砂糖などの食べ物の摂取を控えることが、虫歯予防につながることはご存知の通りです。虫歯の原因菌は食べ物などに含まれる炭水化物を代謝、醗酵して酸をつくり出し、歯を溶かして虫歯になります。

 

キシリトールは甘味料ですが、非醗酵性なので口の中のpHを低下させないことが知られています。(歯は酸性になると溶け出すが、アルカリ性の状態ならば虫歯にはなりません。)

また、キシリトールは唾液のカルシウムイオンと結合して、不安定な状態にあるカルシウムイオンを安定化されます。(歯の再石灰化に関係する?)

虫歯の原因菌のひとつ、ミュータンスレンサ球菌は、ショ糖を水に溶けないネバネバの粘着性のあるものに変換する酵素を放出しますが、 キシリトールはこのネバネバを形成させません。細菌のエサにならずに細菌のエネルギーを浪費させ、細菌の活力低下させるといわれています。

キシリトールと虫歯予防の研究は、世界中で行われています。虫歯予防に有効であると結論づけられたものが多い一方で、条件によっては有為な差がみられなかったものも存在します。例えば、キシリトールガムを噛む実験をすると仮定します。このキシリトールがどれくらいの濃度なのか、虫歯の原因になる砂糖が入っているのかいないのか。またキシリトールガムとふつうの砂糖入りのガムと虫歯に影響を与えるような成分が全く入っていないガムと、どれほどの差が生じるのか、など。結果を比較しなければ、わからないことも出てきます。

私たちは食べ物、ガムを噛むとき、唾液を分泌します。キシリトール入りのガムでなくても、唾液によって口の中は虫歯ができやすい酸性から虫歯にならないアルカリ性へと変化していきます。さらに唾液にはミネラルが含まれています。再石灰化のはたらきが、唾液そのもののはたらきなのか、またはそれ以外のものなのか、はっきりとはわかりません。

キシリトールが虫歯予防に有効なのか、それともまったく科学的根拠のないものなのか。条件次第で、どちらの実験結果にもなり得ます。

キシリトールは素材を選ぶ

フッ素は虫歯予防に有効という説も、世界中には様々なデータや意見があります。私はフッ素は虫歯予防に有効ではない、という結論に至っていますが、キシリトールについてはどのように考えればよいのでしょうか?

キシリトールは過去には白樺や樫の樹液に含まれる物質を使用して製造されて いましたが、今ではそのほとんどが、とうもろこしの芯から工業的に作られています。キシリトール=天然の甘味料というイメージが強いのですが、 実は人工甘味料なのだそうです。サッカリンやアスパルテーム、ノンカロリーの人工甘味料など、からだへの弊害については、現在多くのことが明らかになってきました。しかしキシリトール=人工甘味料という表現がどの程度正しいものなのか、よくわかりません。人工甘味料を危険なものとしてひとまとめにするのも、違うような気がします。

ここで梅干しの例をひとつ。無農薬の梅を、自然塩のみで漬けて真夏の太陽をたっぷりと浴びせて干して作られた梅干しがあります。一方、農薬漬けの梅を、科学的な製法で作られた精製塩につけて、さらに味や見た目を良くするために人工着色料や人工的な調味料の液に漬けて、工場で短時間に大量に作られた梅干しがあります。同じ「梅干し」という食べ物です。この両者を、まったく違いはないものとして扱うことができるでしょうか?

私はそう思いません。そもそもキシリトールを一括りにして論じること自体、ナンセンスなのだと思うのです。化学的には同じ成分、という科学的視点というものは、数値としては出てこないものをすべて無視し、根本的なものを見失いがちになります。キシリトールについていえば、どこで育ったものなのか、どのように育ったものなのか、木なのか、それともトウモロコシ由来なのか。そして精製過程において、化学的な薬物を使用しているのか、自然に近い形で出来上がったものなのか・・・

いくら化学式が同じでも、そこには様々な要素が絡み合います。有効成分を考えた場合、素材のもつ力そのものが、変わっていくのではないでしょうか?安い原料を使って大量生産されたものに、自然そのものの力がどれくらい残されているのか、私は疑問に思います。

虫歯予防の常識に騙されてはいけない

キシリトールと甘味料より
一方、ミュータンス・レンサ球菌の数が減ってもむし歯の発生が減るとは限りません。

1996年のはじめに発表された論文(下図)では、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカなどの各国のデータを集めて詳細に解析したところ、口の中のミュータンス・レンサ球菌の数とむし歯の発生率にはあまり関係がなく、むし歯の発生は口の中のミュータンス菌の数よりも食生活によって大きく影響されると結論しました。

ウ触の発生は、ミュータンス・レンサ球菌の数よりも、食生活に影響される。
J Dent Res 75(1): 535-545, (1996)

虫歯の主な原因菌は、ミュータンス・レンサ球菌です。虫歯の原因菌が口の中に増殖し、酸をつくり出して歯を溶かして虫歯になると私たちは信じています。歯磨きを頑張って菌を減らせば、虫歯にならないと思っています。しかし、必ずしもそれが正しいわけではない可能性が、指摘されているのです。そして、さらに続きます。

ミュータンス・レンサ球菌がほとんどいないような歯垢でも、酸が沢山つくられウ蝕をおこす可能性のある臨界pH(約5.5)以下に低下することがわかります。よく「虫歯菌によって酸がつくられ・・」というような記載がありますが、歯垢中の大部分の菌は糖から酸をつくる能力があります。

ですから、ミュータンス・レンサ球菌がいるかどうかよりも、糖を頻繁に摂取して歯垢のpHを頻繁に低下させるような食生活が、むし歯の発生により大きな影響を与えることは当然なのです。

そのキシリトールは、虫歯予防に本当に有効なのか?キシリトール製品の全成分を、そしてどのような過程で作られたものなのか、それらを良く知って、賢い消費者になる必要があるのだと思います。正真正銘、虫歯予防に有効な製品を身近に見つけるのは、実はとっても難しいことなのかもしれませんね。

キシリトール世界一の濃度で、虫歯予防を120%確実に

毎日使っている歯磨き粉、マウスウォッシュ、口臭対策タブレットが

本当に虫歯、歯周病、口臭などの予防、対策になっているのか、よくわからないと悩んでいませんか?

 

・キシリトール世界一の濃度を誇る、オーラルケア商品

・科学的根拠に基づいて、しっかりと予防

・「こんなオーラルケアが、欲しかった。」 ・・・ついに登場!

 

 

日本ではまだ誰も伝えていない、待望の世界特許取得オーラルケアが

ニュージーランドの世界的に活躍する歯科医師から、はじめて日本に紹介されました。

 

 

是非、毎日のオーラルケアにお役立てください。

 


Ozospaオゾスパ・オーラルケアシステム3つのステップ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*