虫歯の画像(動画)で簡単に虫歯の治療がわかります

虫歯の画像が大人気。歯医者さんが治療する口の中の様子を映し出した動画は、ものすごい検索数のものがあります。口を開けたまま何をされているのかわからずに、とっても不安だった経験、ありませんか?画像でこれほど詳しくみることができるチャンスを、是非生かしてみてください。簡単に、歯医者並みの知識を身につけることができるかもしれません。

虫歯の画像 1.虫歯は小さいと思っても結構深い

歯科検診のときに、歯医者がCO,C1などと言っていることを聞いたことはありませんか?虫歯の程度を、次のように表現しています。

COシーゼロは、初期虫歯。歯が白濁しているなど、虫歯の兆候が見られるときに使われます。歯に穴が開き始めたときは、C1シーイチ。エナメル質に虫歯があります。さらに虫歯が進行すると、C2シーニ。エナメル質よりさらに深く、象牙質に虫歯があります。C3シーサンは象牙質よりもさらに進行して、歯の神経(歯髄)にまで虫歯が波及。C4シーヨンは、根っこだけが残されているような状態です。

RRCx5wJY9ZCKoaZ1430868384_1430868620

U6OTQWd6NwIvIn41430871765_1430871820

BeKlszU5KukqxYD1430868732_1430868774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*********************************************************************

愛知県EEデンタル[一見健康に見えても実は大きな虫歯顕微鏡歯科]の動画です。歯の溝にできた黒い虫歯は初期虫歯のCO?と思ってしまいそうですが、実はC1を通り越して象牙質まで虫歯が進んでいました。エナメル質の厚さは、厚い部分で2.0~2.5mmほど。この画像では、虫歯の深さが4.5mmだったということなので、C2の虫歯ですね。

愛知県EEデンタル[歯と歯の間の虫歯レジンComposite]です。一見虫歯があるようには見えません。歯と歯の間から始まった虫歯は、入口がとっても小さいので見えません。実際にはわからないほどの小さな穴から、歯の中では大きく虫歯が広がっています。歯の神経深くまではいっていません。コンポジットレジンというプラスチックの詰め物をつめて、光を当てて固めます。治療をしている隣の歯の銀色の詰め物は、アマルガムとよばれるもの。アマルガムは現在ではほとんど使われていませんが、水銀入りのものです。からだのことを考えて、外して別の材質のものに変えてもらうことをお勧めします。歯の詰め物アマルガムは、本当に有害なの?

愛知EEデンタル[頻繁にある銀歯の隣の虫歯、銀歯の下の虫歯]。この銀歯はインレーとよばれるもので、保険の治療では一般的に使われています。さきほどの動画よりも大きい虫歯の場合の治療方法です。このような治療した銀歯の下に、虫歯ができていることも多くみられます。銀歯のとなりの歯にも、間に虫歯ができています。銀歯を外さないでこの歯と歯の間の虫歯を治療する場合、横からではなく上から穴を開けていく必要があるので、歯を削る量が多くなってしまいます。この治療では、隣の銀歯を外すことによって虫歯の部分だけ削って詰めることができました。2本の歯を同時に効率よく治療しています。

銀歯をこのように、白いものに変えることは可能です。この動画のようにコンポジットレジンであれば、保険が適用されます。銀歯がもっと大きい場合、コンポジットレジンではなく金属ではない白いインレーを入れることもあります。この場合は自費になります。虫歯の大きさ、残っている歯の大きさや部分によって、治療方法は変わっていきます。

 

虫歯の画像2.虫歯が歯の神経まで到達したC3

東京・銀座の吉田歯科診療室[大きすぎる虫歯 けど神経はとらない]の動画です。虫歯が大きくて神経まで達している場合、神経を抜いてしまうことが一般的ですが、素晴らしいです!動画では7か月かけて、根気よく神経を抜かない治療をされています。もちろん、すべてがこのようにいくわけではありませんが、水酸化カルシウムの殺菌力と第二象牙質の形成を促す作用を利用した治療です。人間の力というものには、本当にすごいものがあります。第二象牙質ができると、穴が開いてしまった神経の部分が硬く塞がります。金属の器具でさわってみると、虫歯のやわらかさとは違い、硬くなっていることがよくわかります。歯の神経だって、本当は生きていたいのです。

適切な処置のひとつに、ラバーダムとよばれるものがあります。ラバーダムをすることにより、口の中の唾液などによる汚染、感染を防ぐことができます。根っこの治療をするとき、またここでの動画のように歯の神経が露出して感染させたくない場合など、ラバーダムが使われます。

ID-100178933

 ラバーダム

このように、虫歯は見た目と実際の大きさがずいぶん異なります。虫歯の程度はレントゲン写真から予測できるものの、完璧ではありません。実際には虫歯の治療をしてみなくてはわからないのです。虫歯は基本的に、かなり大きくならなければ痛みを伴いません。気づいたら、神経近くまでいっていたということはよくあります。気をつけたいものです。

虫歯が歯の神経までいってしまった場合の画像(動画)は、次につづきます。虫歯の治療日数がかかりすぎ!?お金もかかる治療の理由

 

Image courtesy of Ambro at FreeDigitalPhotos.net

Image courtesy of arztsamui at FreeDigitalPhotos.net

毎日お口の中を快適に、生活満足度を120%にする方法

歯磨き粉、マウスウォッシュ、口臭対策タブレット。


毎日使うものだから、安全性・化学的な成分が気になりませんか?


 


・ナチュラル&オーガニック。


嫌な化学成分は、入っていません。だから、お口の中の細菌叢のバランスを保ってくれます。


 


南半球の大自然が残るニュージーランドから、Made in New Zealand 製品をお届けしています。


 


今日から本気で予防と対策

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*