前歯の虫歯治療はなぜ高額?わかりやすい治療の手引き

「前歯の虫歯の治療に10万円かかると言われたんだけど、これってどういうことなの?」と幼なじみから電話をもらったことがあります。保険治療が主な日本では、びっくりする価格だったに違いありません。前歯の虫歯治療といっても、状態によって様々です。ここでは主に前歯の虫歯の状態によってどのような治療の選択肢があるのか、ご紹介します。

前歯の虫歯が小さいとき

一般的に、保険の適用範囲内で治療を受けることができます。虫歯の部分を取り除き、コンポジットレジンとよばれるプラスチックの粘土のようなものを詰めて、光を照射するとすぐに固まります。はみ出した部分などは削って形を整え、磨いてくれます。元々の歯の色に合わせて詰めてくれるので、ほんものの歯のようにきれいに仕上がります。

欠点は、プラスチックなので年数が経つと黄ばんできたり、歯との境に色がついてきたりすることです。ただこの場合も、表面を磨くだけできれいになったり、詰め直したとしても歯をさらに削ることなく最小限の治療で済みます。

この治療の一番の利点は、なんといっても歯を削る量が少ないこと。コンポジットレジンは粘土のように形が自由自在に対応できるので、虫歯の部分だけを削って詰めればいいのです。一回の治療で終わります。虫歯は小さいときに治療する方が時間もお金も最小限で済みます。次の動画で、どのような手順で虫歯が取り除かれて詰められていくのか見てみましょう。

 

前歯の虫歯が大きいとき

神経を抜いていない場合

比較的虫歯が大きくても、神経を抜いていないときには歯は生きているので歯自体の変色はしません。しかし、虫歯の部分が大きくて削る量が大きければ大きいほど、コンポジットレジンの自然さにも限界が生じてきます。歯との一体感がなくなり、とってつけたような感じになってしまうこともあります。歯が薄くなると歯としての透明感や質感など、見栄えの良さがなくなっていくことがあります。また年数を経てコンポジットレジンの部分が変色をすると、大きいので目立ちます。強度が保てずに欠けてしまう心配も出てきます。しかし、虫歯が小さい場合と同じように保険の適用の範囲内でコンポジットレジンで治療が可能です。

神経を抜いた場合

1.保険:コンポジットレジンのみで

歯の神経を抜いた場合、根管治療とよばれる根っこの治療をします。根っこに詰め物をし蓋をしますが、根っこの治療は前歯の裏側から穴を開けて進めるので、歯を表側から見れば何も変わった感じはありません。歯の歯の間に虫歯が大きくできていた場合、その部分を削るので表側からでもわかるのでコンポジットレジンだけでは難しくなっていきますが、場合によっては、前歯の裏側をコンポジットレジンで蓋をして、それで終わりにすることは可能です。

2.保険+自費:コンポジットレジンと歯の漂白

しかし、ここで問題があります。ひとつは、歯の神経を抜いた場合、歯自体が黒っぽく変色していくことです。前歯の変色画像・たけのうち歯科クリニックこの歯は、歯を10代の頃に強く打って根っこの治療をしたとのことで、歯の間からの虫歯とは違い歯の裏側のみを削った例です。変色をした歯の漂白をして、治療が終わりました。歯の間の虫歯をコンポジットレジンで詰めている場合、漂白は難しくなっていきます。削った部分の大きさにもよりますが、漂白は適用できなくなる可能性もあります。漂白した後に、色を合わせてコンポジットレジンを詰めなおす必要もあります。また、歯の漂白は一回では終わらずに何度も漂白する必要性が出てきます。

もうひとつの問題は、歯の神経を抜いた歯はとても脆くなっているということです。歯自体が強くなくなってしまっているので、コンポジットレジンを詰めても弱いまま。弱い歯では将来的に、重大なトラブルを招く可能性があります。前歯が折れる、ということを覚悟しなくてはいけないかもしれません。次の動画は、新潟県長岡市の顕微鏡歯科のもので前歯が折れた映像です。この動画の前歯は、歯の神経がない歯ではないようですが、かみ合わせひとつでも、このように歯には大きな荷重がかかります。最悪の場合、歯の根っこが割れて抜歯をしなくてはいけなくなります。

3.保険:差し歯

0167065006

保険で差し歯を入れる方法があります。上図は奥歯なので少し異なるのですが・・(前歯は根っこが1本)、イメージとしては根っこに詰め物をしたあとに、土台を立ててさらにその上に被せ物をする方法です。金属の土台と金属に裏打ちされた白い被せ物が一般的です。保険の問題点は、ノンメタルといって金属を使わない治療ができないこと。金属アレルギーや金属による全身への影響を考慮し金属を使用しない治療がありますが、それは自費になります。また、被せ物の白い部分が変色しやすく、また見栄えも自費のものと比較してあまり良くありません。被せ物が金属に裏打ちされているので、将来的に歯ぐきが下がっていき金属の部分が見えてしまう可能性もあります。

差し歯の大きな欠点は、歯を大きく削る必要性があることです。元々虫歯が大きく歯があまり残っていない場合はいいのですが、構造的に歯を大きく削る必要性があり、歯の部分が綺麗に残っている場合は歯を削ることによるリスクが生じてきます。歯は一度削ると、元には戻りません。歯を削った部分からさらに虫歯が進んでいけば、さらに自分の歯の部分は小さくなっていきます。これはとても難しい問題です。

4.自費:セラミックの差し歯

保険の差し歯がどのようなものなのか、そして自費のセラミックというものがどういうものなのか、動画で見てみましょう。自費だからといって、歯を削る量に大きな差があるわけではありません。

この動画では土台を金属にしていますが、自費では選択できます。一般的に金属は強度があるので第一選択になりますが、金属がからだの一部に入っているということは決して自然なことではありませんので金属を使わないノンメタルという選択をしたい場合は相談すると良いと思います。この動画を観てショックを受ける方もいらっしゃるかもしれません。歯が入っていない状態というのは、普段見ることのできない光景です。これほどまでに、歯は小さくなって削られていくのです。歯の根っこだけが残って、上の見える部分は全部人工物。本当に歯は大切にしたいものです。

歯科医師の先生によっては、前歯の神経を抜いた歯の場合すべて自費での治療をすると限定している場合もあります。とくに上の前歯は話をしたり笑うとよく見える部分です。変色によるやり直し(やり直せはやり直すほど、歯はさらに削られていきます・・)などのことを考えたら、自費のものを入れるのが一番良いという考え方もあります。自費の場合、値段も歯科医院によってさまざまです。また、材質によっても異なります。

 

前歯の虫歯治療はこのように、よく見える部分なので慎重に選択をする必要があります。いずれにしても、虫歯は小さいほど時間もお金もかかりません。前歯の虫歯はとくに、ジュースなど甘いものを習慣的に飲む人は要注意です。甘い飲み物は、確実に前歯の虫歯に影響します。どうしてもジュースが飲みたければ、食事のついでに飲む工夫をするなど、できる限り避けた方がいいでしょう。前歯の虫歯を作らない、そして大きくしないように心がけましょう。

 

キシリトール世界一の濃度で、虫歯予防を120%確実に

毎日使っている歯磨き粉、マウスウォッシュ、口臭対策タブレットが

本当に虫歯、歯周病、口臭などの予防、対策になっているのか、よくわからないと悩んでいませんか?

 

・キシリトール世界一の濃度を誇る、オーラルケア商品

・科学的根拠に基づいて、しっかりと予防

・「こんなオーラルケアが、欲しかった。」 ・・・ついに登場!

 

 

日本ではまだ誰も伝えていない、待望の世界特許取得オーラルケアが

ニュージーランドの世界的に活躍する歯科医師から、はじめて日本に紹介されました。

 

 

是非、毎日のオーラルケアにお役立てください。

 


Ozospaオゾスパ・オーラルケアシステム3つのステップ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*