歯磨きをしているのに、虫歯になってしまうのはなぜ?

「ちゃんと歯磨きをしているのに、虫歯になってしまう。」そんな相談を、よく受けます。そんなときは、歯磨きの仕方が悪いのだろうと、歯科医院では歯磨き指導というものに力をいれるのが一般的です。その一方で、さほど歯磨きに精を出していないのに、虫歯にならない人もいます。一体どうすれば、虫歯の悩みから解放されるのでしょうか?

虫歯の原因は、歯磨きにあるのか?

大学生の頃。予防歯科の講義で、「歯磨き病」という問題を提言する先生がいました。「食べたらすぐに歯を磨く。」という常識に、警笛を鳴らしていました。先生自身夕食後歯を磨いていないけれど、全く問題はない、とおっしゃっていたのが印象的でした。

もちろん、これにはちゃんと科学的な理論があるのです。ひとつは、歯は酸性に傾くと溶けやすくなり虫歯になるという理由。虫歯の原因一日5食?ダラダラ食いはNG でも紹介しましたが、口の中に食べ物が入ると酸性に傾きます。つまり、歯が溶けやすく虫歯になりやすい酸性になるのです。しかし食後30分ほど経つと、自然に口の中は唾液のおかげでアルカリ性へと戻っていきます。一日に何度もダラダラと口の中にものが入ると、酸性の時間が長くなり、その結果虫歯になる確率が高まっていきます。

自然歯科HPより

「むし歯も歯周病も本質的には、口の中にではなく、人間のいのちに起こる病気」
ーーむし歯の研究一筋に三十年という志村助教授がたどり着いた結論だ。
 
むし歯の早期発見、即時治療に主眼を置いた過去の歯科戦略でひどいむし歯が減
り、歯が残るようにはったのは確かに一つの成果。しかし 口の中だけの現象を
とらえた対処療法や一律の管理指導によって、からだや心は無視されてきた。

現代病の増加が示すように、本当に健康になつたとはいえず、本来在るべき
 人間を育て、いのちを育てる という視点で見つめ直す時期です」

 好きなお菓子も我慢し、食べたら直ちに歯をみがくことが「歯のため」と
思い込んでいる患者に現代の悲劇を感じるという同助教授は、こうした現象を
「歯みがき病」という。

歯科疾患は口の中の常在菌が原因。

通常は人間とうまく適応しているが、心身が弱まると病気を引き起こす。
従来の観念にとらわれてやみくもに歯をみがくのではなく、心やからだを丈夫にする
という発想が大切。

 一般常識では、「甘いものは歯の敵」だ。
確かに食べた後は、口中の酸で一時的に歯の表面が溶ける。

しかし、人間には生理状態を元に戻す働きがあるから、三十分もすれば再石灰化する。

そういういのちの仕組みを信じ、甘いものを食べればおいしいと思う心を
育てたいという。生活リズムがきちんとしている子や社会的な適応能力
が培われ自立心のある子は、歯の病気にかかりにくいことが過去の研究から
分かっている。

学校では友達関係の豊かな子、学校が楽しいという子ほど、その傾向が強い」
乳児院で暮らす子供にはむし歯が見当たらないという。

興味深いデータがある。歯みがきは朝食前に一回のみ、大ざっぱにみがく程度で、
間食には情緒を安定させるため積極的に甘いものが与えられており、
従来の常識では考えられないことだ。

珍しくむし歯 になった子の背景を探つてみると里親に引き取られたなど
乳児院以外での生活経験を持つ子だったことから、乳児院の規則正しく自立心を
養う生活習慣が大きな要因であることが分かった。

英国やドイツなどでも同様の報告がされているという。
「規則正しい生活は大事だが、押しつけの保健指導では長続きしない。

管理された子どもは人間的に成長するチャンスを無くしてしまうことを再認識し、
学校でも『食後に歯をみがこう』の一律指導ではなく、自分でからだや歯の状態を知り、
どの程度みがけば良いか判断できる自立した子を育てることを目標にしてほしい」
志村助教授自身、一日一回の歯磨き派という。

ただ疲れると歯ぐきの出血など口腔の状態が悪くなるから、そういう時は歯磨きを一回増やし
丁寧にブラッシングする。
心身や口腔の状想を知ることでどのくらいの時間、何回みがけば良いかを自分で決める、
セルフケアがポイントという。

人間の本質から歯の健康を考える、こうした視点は学校歯科の現場にも少しずつ浸透しつつある。

この「歯磨き病」は、食べたらすぐに歯を磨く、という常識を覆すものになります。先生は、せっかく人間の自然の生理的な力によって食後30分もすれば再石灰化するようになっているのに、すぐに歯磨きをするのは良くない、と言っていたことを覚えています。なぜ、良くないのでしょうか?

・生理的な力を妨げることになる。

・食事直後は、口の中が酸性になっていて歯の表面が溶けやすい状態になっています。その状態で歯をゴシゴシこすれば、歯を痛めることにつながります。

食後すぐに歯磨きをするのが良くないことには、これら2つの理由が考えられます。

虫歯ではない、酸蝕症をご存知ですか?

虫歯は歯が脱灰されてできますが、細菌に関係なく酸によって歯が脱灰されていくことを、酸蝕症とよんでいます。清涼飲料水、スポーツドリンク、果汁、酢など酸性の強い食品の摂り過ぎによって起こります。また、つわりなどで嘔吐するたびに逆流した胃酸によって生じることもあります。酸蝕症-Wikipedia

東京医科歯科大学の調査によると市販の飲料120種のpH値を測定したところ、実に73%の製品がpH5.5以下であった。調味料やかんきつ類の調査でも多くがエナメル質を溶かすpH値を示した。例としてコーラ飲料はpH2.2で胃酸の数値(pH1~2)に近い(レモンのpHは2.1)。栄養ドリンクは2.5、黒酢飲料は3.1、スポーツドリンクは3.5であった。

原因となるものの摂取量の減少のほか、原因となる飲料・食品などを長時間口の中に入れず、摂取後は水やお茶ですすぎ洗いし、歯磨きを励行する。しかし、歯磨きのタイミングは、食事の直前1時間と直後1時間は避けた方がよい。

虫歯の原因菌がいない!?

歯磨きをさほど頑張っていないのに、虫歯にならない人がいます。理由のひとつは、その人が口の中に持っている菌。虫歯の根本的な原因は2歳半までにあった!でもご紹介したように、赤ちゃんの口の中には、元々虫歯の原因菌は存在していないと言われています。虫歯は感染症のひとつです。虫歯の原因菌は、とくに糖分などをエサにして、ネバネバしたものを出しながら増殖していくことが一般的には知られています。

そもそも虫歯の原因菌がいなければ、砂糖を多く摂取しても、そして歯磨きを頑張らなくても、虫歯になることはない、ということになります。実際に、虫歯になったことが一度もない、という友人がいます。だから、虫歯の悩みも、歯が痛い、という悩みも経験したことがない歯科医師の彼女。「でも、虫歯にならない人は歯周病になりやすいって聞いたことがあるから、将来歯周病にはなるのかも。」と話していました。

・・・虫歯になりにくい人は、歯周病になりやすい?

ふくしげ歯科のHPよりむし歯になりやすい人は歯周病になりにくいって本当?

日本大学歯学部での研究です( 「歯周炎とう蝕との関連」日本歯周病学会会誌 50(suppl-spring): 132-132, 2008.)

40名の患者さんを歯周病とむし歯を指標にしてグループ分けして調べてみました。

歯周病の場合

A 歯周ポケット 3mm以下(歯周病無し) 13名

B 歯周ポケット 3mm以上(歯周病有り) 27名

AはBと比べて歯周病菌が少なく、虫歯菌は多い

むし歯の場合

D 虫歯無し 17名

E むし歯あり 23人

DはEと比べて歯周病が多く虫歯菌が少ない

分かりづらいかもしれないので、さらにかみ砕いて言うとこういうことです。

歯周病にかかってない人はそうじゃない人と比べて歯周病菌は少ないけど虫歯菌が多かった。

むし歯にがかってない人はそうじゃない人と比べて虫歯菌は少ないけど歯周病菌が多かった。

虫歯の原因菌、歯周病の原因菌は異なります。口の中には何百種類もの細菌が住んでいるといわれています。虫歯の原因菌がゼロ、という人がいるのかどうかわかりませんが、全体的なバランスの中でそれらが少ない人、存在しているとしてもほとんど影響を受けない人はいるのだと思います。

虫歯にならないために

「食べたら、すぐに歯を磨く。」

「虫歯は、歯磨きを頑張らなかった結果。」

このような常識は、実はもしかしたら違う可能性がある、ということですね。歯磨きをちゃんとしているのに、虫歯になってしまう。このような悩みは、実は多くの人が抱えている問題です。虫歯の原因は、ひとつではありません。歯の質、食べ物などにも大きく影響することは知れられています。そして甘いものを食べなければ虫歯にはならない、という問題ではないようです。もちろん、まったく歯磨きをしなくても良い、というわけではありません。虫歯=歯磨きという常識を疑ってみないことには、根本的な解決にはならない、ということだと思います。虫歯にならないためにどうすれば良いのか・・探究はこれからも続きます。

毎日お口の中を快適に、生活満足度を120%にする方法

歯磨き粉、マウスウォッシュ、口臭対策タブレット。


毎日使うものだから、安全性・化学的な成分が気になりませんか?


 


・ナチュラル&オーガニック。


嫌な化学成分は、入っていません。だから、お口の中の細菌叢のバランスを保ってくれます。


 


南半球の大自然が残るニュージーランドから、Made in New Zealand 製品をお届けしています。


 


今日から本気で予防と対策

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*